語学

需要が伸びている専門語学資格

工業英語能力検定試験

一般英語と異なり、読み手が色々解釈することのないように、はっきりと事実を示すことが工業英語の目的であり、プロのテクニカルライターや技術翻訳者に対する需要が高まるにつれて、工業英検は産業界の注目を集めている。レベルは4段階で、4級は全問、3級は半分をマークシート方式で解答。1・2級は全問記述式で、1級のみ面接試験がある。理工系学生の就職活動なら3級程度が目安になるが、エンジニアやテクニカルライターを目指すなら2級以上は取得しておきたいところ。

資格を活かせる職業

エンジニア、テクニカルライター、技術翻訳者など

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

6400円(2級)/受験費用は1級1万5000円、2級6400円、3級4600円、4級2000円。1級のみ筆記試験合格者に面接試験がある。

試験時期

5月、11月/年2回開催されるが、1級は年1回のみで、11月に実施される。

主催団体

(社)日本工業英語協会 工業英検推進部
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22
03-3434-2350
http://www.jstc.jp

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★☆☆
人気度
★★★☆☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
エンジニアや通訳、テクニカルライターをめざす方、理工学系学生で就職活動に役立てたい方
資格取得後の将来
エンジニア、通訳、テクニカルライター、理工学系企業
この資格と関連深い資格