語学

在宅の仕事に繋がると女性に人気の語学資格

通訳技能検定

日本で開かれる国際会議や行事は、年々増加し通訳に対する需要はますます高くなってきている。通訳を目指す人のための指針として全国規模で通訳能力の審査および認定を行っているのが通訳技能検定。試験は通検とボランティア通検の2コースがあり、前者が政治・経済問題、後者は社会・文化問題を中心に出題される。2000年度から、通検1級受験者のうち、3次試験のAランクで不合格となった場合、通検準1級として合格認定。ボランティア通検B級以外の試験には、逐次通訳筆記試験、通検1級になると同時通訳の試験も課せられ、かなりハイレベルな内容となっている。高度な語学力・知識・スピードはもちろん、通訳時に臨機応変に対応できる能力も要求される。

資格を活かせる職業

商社、外資系企業、英会話講師など

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

1万円(通検2級)/そのほか、ボランティア通検B級は3500円、A級は5500円、通検1級は1万4000円の受験費用が必要。

試験時期

6月、11月(1次)/春期と秋期の年2回実施されている。春期試験は6月の1次から7月または8月の3次まで。秋期試験は11月の1次から翌1月の3次まで。

主催団体

日本通訳協会通訳技能検定委員会
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-5-20
03-3209-4741
http://www.jipta.net

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★☆☆
人気度
★★★☆☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
在宅で翻訳の仕事をして働きたい女性や通訳として働きたい方など
資格取得後の将来
翻訳・通訳業など
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
通訳技能検定とは?を探る記事