語学

女性に人気。ガイドの専門資格

通訳案内業

外国人を日本各地へ案内し、文化や伝統などを外国語を使ってするのが仕事。資格を取得するには国土交通省が認定する国家試験に合格し、都道府県知事の免許を受けなければならない。試験は英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、朝鮮語の9ヶ国語の中から1ヶ国語を選択して受験する。1次試験では選択した外国語についての筆記試験、2次試験では口述試験、3次試験は日本語による筆記試験が行われる。日本の地理、歴史、産業、政治、経済、文化に関する一般常識が問われる。

資格を活かせる職業

通訳案内業、ガイド、ツアーコンダクターなど

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

7700円/2次試験まで合格した人は、翌年に限り3次試験から受験できる。

試験時期

7月(1次)/1次試験は7月初旬、2次試験は9月下旬、3次試験は10月下旬のそれぞれ日曜日に実施される。

主催団体

国際観光振興会観光交流部通訳案内業試験係
03-3216-1877

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★☆☆
人気度
★★★☆☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
旅行会社就職を目指す方、行政関係者など
資格取得後の将来
ツアーコンダクターなど
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
通訳技能検定の特集記事