パソコン

Linuxの技術力を評価

Turbo-CE/Turbo-CI

資格は2種類に分かれており、企業の情報システム部門の技術者などが主な対象になるTurbo-CE(Certified Engineer)と、インストラクター向けのTurbo-CI(Certified Instructor)がある。出題範囲は共通で、LinuxおよびLinux上で用いられるアプリケーションに関する知識が問われる。試験問題の70%に正解するとCE合格になり、90%以上に正解したあと所定の講習を受講するとCIの認定を受けられるシステム。取得した資格は技術力の証明になるほか、ターボリナックス社からのサポートや、製品に関する最新情報の提供を受けられるのも大きなメリット。柔軟性と安定性を兼ね備え、さらに導入コストを低く抑えられるLinuxは、Webサーバー用OSだけでなく、基幹業務システムのプラットフォームとしての導入が急増しているなかで、大手システムインテグレーターやハードベンダーなどが社員に取得させるといった動きも加速している。

資格を活かせる職業

エンジニア、インストラクターなど

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

3万円/受験料3万円

試験時期

随時/全国80ヵ所以上のアール・プロメトリック社のテストセンターで、一部会場を除き月〜土曜に受験可能。

主催団体

ターボリナックス ジャパン(株)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-3-5 モリモビル5F
03-5766-1660
http://www.turbolinux.co.jp

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
情報処理関係の技術者など
資格取得後の将来
企業の情報システム部など
この資格と関連深い資格