パソコン

グローバルな資格で根強い人気

オラクルマスター

オラクルマスターとは、日本オラクルがオラクル製品に関する技術者を認定する制度で、データベース運用/管理、データベース管理(Linux)、アプリケーション開発およびアプリケーション・サーバー運用/管理の4つのトラックに分かれており、それぞれの技術や知識に基づいて、さらに3段階にランク分けされている。2003年10月の改定により、世界共通のグローバル資格となり、取得と同時に段階別に3つの「OracleCertificationProgram」に認定される。

資格を活かせる職業

IT、エンジニアなど

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

1万5000円/1科目の受験料は1万5000円(Linux+のみ3万円)。2科目に合格する必要のある「シルバー」なら、最低で3万円となる。

試験時期

随時/全国の受験会場で随時実施されている。詳細は、主催団体に問い合わせること。

主催団体

日本オラクル(株) エデュケーションサービス本部
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
03-5766-4411
http://www.oracle.co.jp/education/

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★☆☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
データベースの世界標準なので資格取得は実力の証明になる
資格取得後の将来
エンジニアなど
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
オラクルマスターの特集記事