パソコン

パソコンインストラクターを目指す

パソコン講師資格認定文書処理試験

パソコン操作を教えるための知識や技術を持つ「優れた指導者」であることを認定する資格。試験では、実際の操作方法だけでなく、教育や指導者に関する知識なども問われる。「ソフトウェア操作」は、ワープロや表計算、データベース、インターネット関連ソフトなどに関する操作知識を問う内容。「パソコン知識」ではハードウェアやOS、ネットワークなどの知識、また「教養知識」では教育原理・心理などについての知識がそれぞれ問われる。実技試験はないが、実技試験をともなう資格「パソコン技能検定U種試験」の2級以上の取得が受験資格となっている。

資格を活かせる職業

パソコン教室インストラクター、エンジニアなど

受験概要

受験資格

パソコン技能検定U種試験の合格者/同じ主催団体の「パソコン技能検定U種試験」の2級以上を取得していること、および申し込み時に20歳以上であること。

受験費用

5250円

試験時期

7月、12月/試験は年2回、7月、12月に実施される。

主催団体

(財)全日本情報学習振興協会
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-7-12 清和曾ビル5F
03-5276-0030
http://www.joho-gakushu.or.jp/

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★★★
取得者の傾向
パソコン教室のインストラクターを目指す方などに
資格取得後の将来
パソコンのインストラクター、人事部育成課など
この資格と関連深い資格