パソコン

ロータス社の世界統一資格

ロータス認定技術者制度

ロータス製品に関する技術力を認定する世界統一資格。CLPを取得すると、ノーツに精通し、同製品の運用管理やアプリケーション開発を行う高度な技術を持っていると認定される。アプリケーション開発を行う「CLP AD」と、システム管理を担当する「CLP SA」の2種類があり、どちらも3科目すべて合格することで、CLPとして認定される。

資格を活かせる職業

データベース管理、エンジニアなど

受験概要

受験資格

制限なし/CLPの下位資格であるCLSに合格後、ステップアップするのが望ましい。

受験費用

4万5000円/1科目の受験料が1万5000円。「CLP AD」「CLP SA」とも3科目に合格する必要があるので合計4万5000円となる。

試験時期

随時/試験日時などの問い合わせは、アールプロメトリックロータス認定技術者試験受付(0120-517737、Fax03-5541-4692)まで。

主催団体

日本アイ・ビー・エム(株)ソフトウェア事業部
〒141-8514 東京都品川区西五反田8-1-5br />03-3535-3501
http://www-6.ibm.com/jp/profesnl/lotus.html

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
仕事でロータス社のソフトを使う方など
資格取得後の将来
エンジニア、ロータス社関連会社就職
この資格と関連深い資格