パソコン

ネットワーク知識をはかる資格

企業評価も高いビジネスパソコン資格の決定版

日商マスター認定制度は、情報通信技術に関して幅広い知識を有し、かつ新しい情報ツールの活用に豊富な経験を兼ね備えた有能な指導者を育成・認定する制度で、産業界における効率的ビジネスの推進と国民生活の向上ならびに情報通信技術の活用環境の構築を目的としている。

資格を活かせる職業

データベース管理など

受験概要

受験資格

検定2級以上取得/日本語文書処理技能検定あるいはビジネスコンピューティング検定の2級以上を取得し、1年間の教育実務経験を経て受験できる。

受験費用

3万7000円/指導研修会の受講料は4万円。その後の認定研修会受講料は3万7000円(認定試験受験料含む)

試験時期

年2回/認定研修会最終日に行われる認定試験は年2回行われる。指導者研修会も同様に年2回実施される。

主催団体

日本商工会議所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2
03-5777-8600
http://www.kentei.ne.jp

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★★☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
インストラクターになりたい方、実力を証明したい方
資格取得後の将来
インストラクターなど
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
日商マスターとは?を探る記事