パソコン

ビジネススキルの中でも需要が高い資格

日本語文書処理技能検定

パソコンのワープロソフトなどを使いこなす操作技術や知識、日本語の文書(主にビジネス文書)を作成したり、起案したりする能力や知識、ビジネス実務の知識などを身につけているかを判定する検定試験。試験は1級から3級に分かれ、文書処理に関する知識、文章理解力・表現力等を問う筆記試験とタイピングやビジネス文書作成の実技試験が行われる。いずれの級もビジネスユーザー向けで、1、2級に合格すると、日商マスターへの道が開かれる。

資格を活かせる職業

秘書、事務職など

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

6120円(3級)/3級の受験料は6120円、2級は8160円、1級9690円となる。4級は3060円。

試験時期

随時/3・4級は、各地商工会議所で随時実施されている。2級は年2回(5月、10月)、1級は年1回(10月)行われる。

主催団体

日本商工会議所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2
03-5777-8600
http://www.kentei.ne.jp

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★★☆☆
将来性
★★★★★
取得者の傾向
ビジネス能力の証明に取得するケースが多い
資格取得後の将来
一般事務など
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
日本語文書処理技能検定とは?を探る記事