パソコン

デジタル技術の代表資格

CGクリエイター検定

コンピュータグラフィックスでコンテンツを制作したり、表現するうえでの知識と技能を評価するのがCGクリエイター検定。検定は、CG制作の基礎となる色彩や造形、知覚などの表現技法や考え方についての「デザイン」、CG技法のの仕組みやCG制作のためのシステムなどに関する「技術」の2つの側面から出題される。感覚重視と思われがちなCGの世界で、知識を体系的かつ理論的に身につけることで、さまざまな業界・分野で活躍することができる。

資格を活かせる職業

デザイナー、企画系職業など

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

3級の受験料は4000円。以下、5000円、1級6000円となる。協会発行のテキストは、2000〜3000円。1級問題集が5000円。

試験時期

2,3級は年2回実施(6月、11月)。1級は年1回(11月)で、制作物提出の2次試験(2月)と実技の3次試験(3月)がある。

主催団体

CG-ARTS協会((財)画像情報教育振興協会)検定実施センター
〒104-0031 東京都中央区京橋1−11−2
03-3535-3501
http://www.cgarts.or.jp/

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★☆☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
映像制作の技術を身につけたい方
資格取得後の将来
デジタル制作者、WEBデザイナー
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
CGクリエイター検定の特集記事