ビジネススキル・その他(独立・就職)

国際的な会計資格

BATIC(国際会計検定)

国際会計とは、英文簿記と米国会計理論をベースに世界基準として統一されつつある会計のルール。BATICは、この国際会計の理解力をはかるとともに、日本国内と国際的な会計基準との違いを把握し、リキャスティング(組み替え)できるスキルを証明する検定試験。試験科目は、英文簿記と国際会計理論の2つ。英語で帳簿を作成・証明できるか、国際会計理論を理解し、決算書の作成・分析ができるかなどが問われる。2科目を同時に受験するか、自分の修得レベルに合わせて1科目ずつ受験することも可能。選択問題、記述問題等、すべて英語で出題されるので英語力も必要。試験結果は、1000点満点のスコア制で、受験者全員に点数が認定され、一定基準以上を得点すれば、それぞれ称号が与えられる。称号のレベルは4つで、200点以上=基本的な会計取引を英語で理解できる「ブックキーパー」、320点以上=会計帳簿の記帳と管理ができる「アカウンタント」、700点以上=国際会計理論の基礎を理解し、簡単な決算書が作成できる「アカウンティングマネジャー」、880点以上=決算書の分析や国内基準への組み替えなどもできる「コントローラー」。ただし、上位2つの称号は3年ごとに更新が必要。

資格を活かせる職業

国際会計士など

受験概要

受験資格

制限なし/ただし、英文簿記が400点満点で320点に達しない場合は、国際会計理論の得点は認定されない。

受験費用

9870円/Subject1のみだと5250円。Subject2のみの場合は7770円。全国の商工会議所で受験できる。

試験時期

7月、12月/試験は年2回。試験の約1ヵ月後にインターネットで合格発表があり、追って成績票が送付される。

主催団体

東京商工会議所検定センター
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2
03-3288-7677
http://www.kentei.org/

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★★☆☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
国際会計を習得したい方など
資格取得後の将来
経理部門、外資系企業など
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
BATICとは?を探る記事