ビジネススキル・その他(独立・就職)

技術者の資格

プロフェッショナル エンジニア(PE)

日本PE・FE試験協議会にチャレンジするには、まず1次試験にあたるFE試験に合格し、4年以上の実務経験を積む必要がある。日本では化学・土木・電気・機械の主要4科目のほか、IEや環境工学の試験が実施される。試験時間は8時間。問題形式は各科目ごとに全問多肢選択方式マルチプルチョイス式に移行され、アメリカと同じ問題を受験するため問題は全て英語。合格点は70%の正確さが要求され、あとはオレゴン州ボード(試験委員会)が提出書類の審査を行い、認定されてはじめてPEになれる。

資格を活かせる職業

米国技術者など

受験概要

受験資格

FE試験合格と実務経験/PE試験の受験資格があるのはFE試験に合格し、4年以上の実務経験を積み、適格な身元照会人を5名揃えた人とされている。

受験費用

$245/PE試験受験料。米ドルなのは、個人が希望する州に直接受験手続をするため。各州の連絡先はPE試験センターが教えてくれる。

試験時期

春、秋/日本でも春秋、年2回試験が実施されるようになった。

主催団体

日本PE・FE試験協議会
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-4-16
03-5733-8171

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★★☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
エンジニアとしてのスキルアップを望む、または資格がないと仕事が出来ない国、州での仕事を受注したい方に
資格取得後の将来
世界で活躍する国際エンジニアへ
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
プロフェッショナル エンジニア(PE)の特集記事