ビジネススキル・その他(独立・就職)

お天気お姉さんになれる!?女性に人気の資格

気象予報士

気象予報を業務として実施する事を気象庁より許可された予報業務許可事業者。現象の予想の専門家として、その業務を担当する事が認められているのが気象予報士。気象庁から提供される数値予想結果や、気象衛生、気象レーダー、アメダスなどからのさまざまな観測データを総合的に判断し、現象の予想を行う。試験は学科試験と実技試験。学科試験では予報業務に関する一般、専門知識が多肢選択式で問われる。実技試験では全般的な気象の予報、台風などの緊急時に対応などを記述式で解答する。

資格を活かせる職業

気象予報士など

受験概要

受験資格

制限なし/ただし、大学教養課程程度の気象学の知識と予報業務に必要な技能が必要。

受験費用

1万2000円/試験手数料。(財)気象業務支援センターから発行されている過去問題集の価格は1600円となっている。

試験時期

8月、1月/例年2回。

主催団体

(財)気象業務支援センター
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-17 東ネンビル
03-5281-3664
http://www.jmbsc.or.jp

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★★☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
気象予報士になりたい方
資格取得後の将来
気象庁に就職、など
この資格の特集記事
気象予報士 って?を探る記事