ビジネススキル・その他(独立・就職)

不動産業界必須の人気の資格

宅地建物取引主任者

土地の形質や地積、建物の形質や構造および種別、さらに土地および建物についての法令や価格評定など、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有していることを証明する資格が、(財)不動産適正取引推進機構が試験を実施する宅地建物取引主任者。事務所の5人に1人の割合で有資格者を置くように法律で定められている不動産業界必須の資格。

資格を活かせる職業

不動産業界の仕事など

受験概要

受験資格

制限なし/宅地建物取引主任者証は5年ごとの更新が義務づけられている。

受験費用

7000円/2001年度の受験費用。スクール、通信講座の受講料は5万円〜20万円。このなかには模擬試験の受験料も含まれている場合が多い。

試験時期

10月/例年10月第3日曜日に全国一斉に実施されている。試験は四肢択一のマークシート方式で全50問。試験時間は2時間となっている。

主催団体

(財)不動産適正取引推進機構試験部
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-8-21 第33森ビル3F
03-3435-8181

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★☆☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
不動産関係で仕事をしている方、またはそれを望む方
資格取得後の将来
不動産業界で仕事をする方など
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
宅地建物取引主任者の特集