ビジネススキル・その他(独立・就職)

情報化社会で必要とされる能力資格

電子化ファイリング検定

ファイリング・デザイナー検定の電子化部門版が、(社)日本経営協会が実施する電子化ファイリング検定(A級・B級)。情報通信技術が発達した現代で、情報が企業の生産向上に大きく影響するようになり、それにともない、電子化文書の総合管理、情報の一元管理がますます必要になったため、それらの普及を狙いできた検定試験。A級は電子化文書の幅広い知識とネットワーク上の文書管理能力が求められ、B級は紙文書と電子化文書の比較や電子化文書の管理ポイントなどの問題が出題される。

資格を活かせる職業

商社総合職、事務職など

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

5250円(税込)/B級の受験料。A級は7350円。受験対策セミナーを受講する場合は参加費1万2600円。

試験時期

上期6月、下期12月

主催団体

(社)日本経営協会 検定事務局
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
03-3403-1472
http://www.noma.or.jp

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★☆☆
人気度
★★★☆☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
文書管理能力スキルをつけてネットワーク、データベースに役立てたい、仕事の効率化を図りたい方に
資格取得後の将来
情報の効率的なファイリング、運用管理に
この資格と関連深い資格