ビジネススキル・その他(独立・就職)

不動産登記に欠かせない資格

土地家屋調査士

土地家屋調査士は、土地の分割や建物の新増改築などの際、顧客の依頼によってその土地や建物がどこにあって、どのような形をしているのか、また、どのような用途に使用されているかなど、不動産登記必要な調査・測量をして、図面作成・申請手続き等を行う測量および法律の専門家。受験資格は特に制限はない。試験は筆記試験(午前の部と午後の部)があり、午前の部では主に不動産の表示に関する登記に知識が問われ、午後の部では平面測量や作図の知識および技能が問われる。午前・午後の部とも、一定の基準点に達しない場合は、それだけで不合格になる。筆記試験合格後、口述試験を受ける。なお、測量士、測量士補、建築士などの有資格者は午後の部の試験が免除される。さらに、2002年の法改正により、筆記試験合格者は、次回の筆記試験および次々回以降の午後の部の筆記試験が免除されることになった。また、同じく法改正により、土地家屋調査士会報酬基準が削除された。

資格を活かせる職業

土地家屋調査士、不動産関係など

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

7200円/受験手数料(1次・2次・口述すべて含む)。

試験時期

8月(1次・2次)/第1次・第2次は例年1回、8月中旬の日曜日に行われる。これに合格すれば、11月に口述試験を受ける。

主催団体

各都道府県の法務局総務課

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★☆☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
土地家屋調査士として働きたい方に、建設業界で就職したい方に
資格取得後の将来
建設業界で、土地家屋調査士の業務を行うなど
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
土地家屋調査士の特集記事