ビジネススキル・その他(独立・就職)

貿易のエキスパート

貿易実務検定

貿易の自由化が世界的な潮流となり、日本でも今後ますます貿易実務のエキスパートを求める状況となってきている。このような中で、実務能力・知識がどの程度のレベルがあるのかを測るために注目されているのが、日本貿易実務検定協会が実施している貿易実務検定。試験はA級からC級の4ランクで、いずれも○×式や三答択一式で実施される。C級は1〜3年の実務経験者を想定したレベルで、定型業務をこなすための知識が問われる。B級は定型業務に加え、手続きの法的根拠、全体の仕組みについての理解を問う内容、A級は3〜5年の実務経験者を想定した内容で、貿易実務の判断業務を行えるレベル。

資格を活かせる職業

キャリア・カウンセラーなど

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

5700円/C級受験料。B級6800円、A級8700円。グローバルビジネス法務C級の受験料6300円。

試験時期

3月、7月、12月/年3回実施。会場は仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡など。

主催団体

日本貿易実務検定協会
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-17 アルテール新宿204
03-3365-1566

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
貿易分野でのエキスパートを目指す方に
資格取得後の将来
貿易コンサルタントなどに
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
貿易実務検定 の特集