建築・インテリア・CAD

CADで認められたいなら

CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度は、CAD実務マスター認定試験、CAD実務トレーサー認定試験、CADアドミニストレーター認定試験の3つで構成されており、実務遂行上必要な技術、技能はもちろん、願書提出時から合否決定までを採点対象としたプロセス重視型を採用している。これからCAD分野での活躍を目指す場合、まずはCADアドミストレーターを受験し、上位資格を目指しながらスキルアップしていくことが可能。

資格を活かせる職業

CAD、CADオペレータなど

受験概要

受験資格

制限なし/とくに制限はないが、1年以上のCAD実務経験があり、建築や機械設計、製図業務従事者を想定した試験が行われる。

受験費用

7000円(CADアドミストレーター)/受験料は、CADアドミストレーター7000円、CAD実務トレーサーは1万2000円、CAD実務マスターは1万4000円

試験時期

2月、9月(年2回)/試験は年2回、2月、9月に実施される。CADアドミニストレーターは随時試験を実施。

主催団体

コンピュータキャリア教育振興会 実務キャリア認定事務局
〒169-0071 東京都新宿区戸塚町1-102 MTビル1F
03-5272-1140
http://www.gec.or.jp/career/

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★★
取得者の傾向
CADの技術を証明したい方、CADアドミストレーター、CAD実務マスター認定試験、CAD実務トレーサー認定試験いずれかを既に受験されている方
資格取得後の将来
CADのプロとしてスキルアップ
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
CADとは