建築・インテリア・CAD

女性に優しいキッチンの建築資格

キッチンスペシャリスト

キッチン関連設備のメーカーや販売店、建築、住宅設備関連企業などで、消費者によりよいキッチン空間を提案する仕事で、キッチン空間に設置する設備機器のほか、ガス、電気、水道などの防災安全対策や建築構造との取り合いなどについての法律、技術分野の知識と経験が必要とされるが、キッチンの空間構成に不可欠な家族生活や食生活などといった女性の経験とセンスを発揮できる資格である。資格試験では、学科試験と実技試験が行われ、、顧客の要望にあったキッチンプランの企画・提案能力など総合的な表現力を習得するには、実務経験を積むことが重要である。そのため、実技試験に挑戦するまで、学科試験合格の翌年度から3年間、学科試験が免除になる。合格後、登録申請すると、キッチンスペシャリストとして(社)日本住宅設備システム協会に資格登録される。

資格を活かせる職業

キッチン関連設備のメーカー、販売店、建築、住宅設備関連企業など

受験概要

受験資格

23歳以上/受験年度の4月1日現在で23歳以上。23歳未満の場合は、キッチン業務に関する実務経験3年以上が必要。学科試験に限り制限なし。

受験費用

総合コース13,650 円

試験時期

毎年11月〜12月に開催

主催団体

(社)インテリア産業協会
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-13-5 クリハシビル8F
http://www.interior.or.jp

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
住宅建設や内装施工業、百貨店・専門店、インテリアメーカーなど広い分野で活躍
資格取得後の将来
住宅建設や内装施工業、百貨店・専門店、インテリアメーカーなど広い分野で活躍
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
キッチンスペシャリストとは