医療福祉・美容

高齢社会の専門家資格

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、公的介護保険制度を支える柱として、要介護者などからの相談に応じ、介護サービスをトータルにコーディネートする介護の専門職。具体的には、市区町村からの委託を受け、要介護認定を受けた被保険者を面接し、在宅介護が良いか、介護保険施設でのサービスが適しているかなど、その人にあったケアプランを作成し、その後のフォローをするのが仕事。資格を取得するためには、医師、薬剤師、保健師、看護師などの実務経験が5年以上必要。

資格を活かせる職業

ケアマネージャーなど

受験概要

受験資格

指定の資格保有者で実務経験5年以上/医師、薬剤師、保健師、看護師、理学(作業)療法士、社会福祉士の資格を持ち、資格に基づく実務経験が5年以上あること。

受験費用

9000円(東京都の受験手数料)/各区市町村で「受験の手引書」を入手する。

試験時期

10月下旬から11月上旬/年1回

主催団体

各都道府県の試験担当課

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★★☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★★
取得者の傾向
福祉に興味がある方、福祉業界に現在従事していて、ケアマネージャーになりたい方
資格取得後の将来
ケアマネージャーとしてケアプランをたてる方など
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
ケアマネージャーとは