医療福祉・美容

歴史の深い仕事

はり師・きゅう師

はりは、金属針で患部を刺激することにより自然治癒力を促進。きゅうは、ツボにもぐさを置いて燃やし、熱刺激を与える温熱療法。両方とも、生活習慣病や事故後の後遺症などに有効な治療法としてニーズが高く、また副作用が少なく病院などでも東洋医学による治療を行っている場合もある。

資格を活かせる職業

はり師・きゅう師など

受験概要

受験資格

学校・養成施設卒業者/大学受験資格があり、指定の学校または養成施設で、必要な知識および技能を修得していること。ただし、視覚障害者については特例措置がある。

受験費用

1万9700円/受験手数料。学校や養成施設の授業料はそれぞれ異なる。

試験時期

2月下旬/年1回の実施。筆記試験のみ。試験は各都道府県で行われる。

主催団体

(財)東洋療法研修試験財団
〒110-0015 東京都台東区東上野6-1-7 MSKビル5F
03-3847-9887
http://www.pmet.or.jp/~ahaki

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
針灸に興味がある方、仕事に活かしたい方
資格取得後の将来
はり師・きゅう師として活躍
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
はり師・きゅう師の特集記事