医療福祉・美容

自治体が資格取得を推奨する

ホームヘルパー

ホームヘルパーとは、訪問介護員とも呼ばれるように、高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問して日常生活全般の援助を行う人のこと。ここでいう援助とは、掃除、洗濯、買い物といった家事援助と、食事、着替え、排泄、入浴などの身体介助のこと。在宅サービスや施設介護職員などとして働く場合には、限られた時間内に必要な援助を行うと同時に、医療や保険などほかの機関と連携が行えるよう、利用者の状況を正確に把握することも必要となる。ホームヘルパーの資格には1級から3級があり、資格を取得するためには各都道府県や政令指定都市、区市町村、専門学校、民間団体が実施している養成講習を受講し、介護保険法に基づいた研修の課程を修了しなければならない。3級課程では、主に家事援助など介護の基礎的な技術と知識を学び、2級ではより専門的な技能を要する介護技術やケアマネージメントについての技能を習得する。さらに1年以上の実務経験を積むと1級の養成講習に参加できる。

資格を活かせる職業

ホームヘルパーなど

受験概要

受験資格

制限なし/介護技術の習得、ホームヘルプサービスに従事することを希望する人なら、特に制限はない。

受験費用

試験はないので、受験費用はないが、養成講座参加費用は各自治体によって異なる。

試験時期

ホームヘルパー養成講座修了後に、随時各都道府県知事の認定証明書が授与される。

主催団体

各都道府県および政令指定都市の担当窓口

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★★
取得者の傾向
介護に興味がある方、福祉施設で働きたい方に
資格取得後の将来
ホームヘルパーとして施設で働く、もしくは訪問介護を行う
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
ホームヘルパーの特集記事