医療福祉・美容

介護の専門資格

介護福祉士

介護福祉士は、日常生活を営むのに支障がある老人や障害者の入浴、排泄、食事などの介護を行うのが仕事。人間相手の仕事なだけに、介護される側とのコミュニケーションを上手に取れるということも要求される。したがって、専門的な学習だけでなく、幅広くさまざまな体験を積むことも大切。活躍の場は、老人ホームや養護施設、民間のシルバー関連サービス業などのほかに、在宅介護で介護に関する指導も行う。資格を取得するためには、大学、短大、専門学校など国が指定した養成施設を卒業するコース(国家試験不要)と、受験資格を満たして国家試験に合格するコースがある。受験資格は、福祉に関する所定の単位を修了した高校卒業者および3年以上の実務経験がある人など。

資格を活かせる職業

介護福祉士など

受験概要

受験資格

3年以上の実務経験など/3年以上の実務経験。実務経験のない場合は高校卒業後、厚生労働大臣指定の養成施設を卒業する。

受験費用

1万3300円/受験料。国家試験受験の必要がない養成施設にかかる費用は、2年間で110万〜170万円程度。

試験時期

毎年 筆記試験1月下旬 実技試験3月上旬頃

主催団体

(財)社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6 SEMPOSビル4F
03-3486-7559(試験案内専用)
http://www.sssc.or.jp

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★★
取得者の傾向
介護、福祉の仕事をしたい方、現在業界に従事しておりスキルアップしたい方に
資格取得後の将来
介護福祉士として従事
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
介護福祉士とは