医療福祉・美容

専門家資格

介護保険事務管理士

一般の企業の事務とは異なり、医療・介護への深い理解と知識を身につけた医療事務のスペシャリストとして活躍できる人材を育成しようと誕生したのが介護保険事務管理士。資格取得には、厚生労働大臣許可の(財)日本病院管理教育協会の教育指定校を卒業することが条件とされている。訪問介護員、医療管理秘書士の資格を有したうえで、さらに介護保険制度論、介護レセプト記載要領、介護報酬算定(算定と請求方法)、医療保険との関係、医療管理学の必修課程を修了して、全国一斉の認定試験に合格すると資格が与えられる。

資格を活かせる職業

介護保険事務管理士など

受験概要

受験資格

指定資格の所有者/訪問介護員および医療管理秘書士の資格取得者で全国62校ある(財)日本病院管理教育協会の教育指定校を卒業することが条件。

受験費用

5000円/認定料金1万円が別途必要。

試験時期

11月初旬頃

主催団体

(財)日本病院管理教育協会
〒650-0012 神戸市中央区北長狭通5-2-19
078-361-7493

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
医療事務ではたらきたい・医療事務のスペシャリストを目指す方に
資格取得後の将来
病院などで医療事務の仕事に就く
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
介護保険事務管理士の仕事と資格