医療福祉・美容

長い人生の楽しみ方をアドバイス

健康生きづくりアドバイザー

人生80年時代といわれる超高齢社会を迎え、年金、介護、老人医療問題とともに中高年齢者の生きがい、健康づくりが問題となっている。健康生きがいづくりアドバイザーは、中高年齢者の在職中とリタイア後における健康生きがいづくりを企業や地域で専門的に支援するコンサルタントであり、ほかの機関や専門の職種などとをつなぐコーディネーターでもある。その役割は、職域からの円滑なリタイアおよびリタイア後の自己実現に重点を置き、行政、企業、地域などのさまざまな組織や団体ととの連携を通して健康生きがいづくりを支援すること。資格を取得するためには、第1次・第2次養成研修会か通信講座を修了して第一次審査を、第3次養成研修会修了後に第二次審査を受けるが、第3次養成研修会参加は第一次審査合格者に限られる。資格取得後は、企業内の研修・人事能力開発関係、地域コミュニティで、グループワーク等の手法を用いて個人の年齢や経験に応じた能力の発見と開発および相談などにあたる。

資格を活かせる職業

健康生きづくりアドバイザーなど

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

6万8000円/第1次と第2次の両方の研修会費用(審査費用含む)。通信講座は4万9350円。第3次の研修会費用は6万8000円(審査費用含む)。

試験時期

年2、3回

主催団体

(財)健康・生きがい開発財団
〒112-0002 東京都文京区小石川5-2-2 小石川古久根ビル4F
03-3818-1451
http://www.japa.org/

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★☆☆☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
高齢社会で、高齢者の生きがいを支援したい方に
資格取得後の将来
高齢者の生きがい作りを支援するアドバイザーに
この資格と関連深い資格