医療福祉・美容

歯医者さんの裏方。なくてはならない存在

歯科技工士

歯科技工士は、歯科補綴物などの製作を通じ咀嚼機能の回復向上、発声機能の回復向上、そして審美回復上にも重要な役割を果たしている。歯科医療のシステムの中で、歯科医師の指示のもと、義歯、つぎ歯、金冠、充てん物、矯正装置などの製作、加工、修理など行うため、歯科医療に関する基礎知識のほかに、精度の高い作業技術も要求される。

資格を活かせる職業

歯科技工士など

受験概要

受験資格

指定の学校または養成所を卒業する/文部科学大臣指定の歯科技工士学校か、厚生労働大臣指定の歯科技工士養成所を卒業すること。

受験費用

受験手数料や試験地、期日は都道府県より公告される。

試験時期

2月頃(東京都)/実地試験(全部床義歯の人口義歯排列、歯肉形成と歯冠彫刻)は学説試験実施後に行われる。

主催団体

各都道府県の試験担当課

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★☆☆
人気度
★★★☆☆
将来性
★★★★★
取得者の傾向
歯科技工士を目指す方に
資格取得後の将来
歯科技工士として歯科補綴物の制作などを行う
この資格と関連深い資格
この資格の特集記事
歯科技工士とは