医療福祉・美容

高齢社会に欠かせないケースワーカーという仕事

社会福祉主事

社会福祉主事はケースワーカーとも呼ばれ、社会福祉事務所などの公的機関で、福祉の援助や保護を必要とする人の相談に応じるのが仕事。公務員として母子家庭や高齢者、障害者などの相談者に対し、生活保護法、児童福祉法、老人福祉法などに基づいた福祉制度について説明したり、その利用や措置に関する業務を行うための任用資格である。資格取得には、大学等で社会福祉に関する科目を履修するほか、指定養成機関の課程を修了する、または公務員を対象に都道府県が開催する講習会を受講するなどの方法がある。

資格を活かせる職業

社会福祉主事(ケースワーカー)など

受験概要

受験資格

公務員/4年制大学で指定の福祉に関する32科目のうち3科目を履修し卒業しているか、厚生労働大臣指定の養成校を卒業または講習を受講する。

受験費用

資格試験なし。公務員を対象にした講習会の受講料は3万5000円程度。

試験時期

大学や養成校で社会福祉主事になるための必要な科目を履修する。

主催団体

厚生労働省資格試験係
〒100-8916 東京都千代田区霞ヶ関1-2-2
03-5233-1111(代表)

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★★★☆
人気度
★★★☆☆
将来性
★★★★☆
取得者の傾向
社会福祉主事を目指す方
資格取得後の将来
社会福祉主事(ケースワーカー)として保健福祉センターなどに従事
この資格と関連深い資格