医療福祉・美容

公的機関・企業窓口への就職も

手話技能検定

手話は、聴覚障害者とコミュニケーションとるのに重要な役割を果たし、公的機関、公共機関はもちろん、企業の窓口などで将来的に広く求められる技能のひとつで、手話学習者のレベル判定や向上意欲を促し、スペシャリストの道へと導くことを目的につくられた検定試験。基本的な技能である単語や文法のほか、言語として必要な技能を検定し、客観的かつ総合的な評価により手話技能検定協会が認定する。1級から7級まであり、レベルに合わせて受験が可能。5、6、7級は習いはじめの人のステップアップとして最適。3、4級は各窓口などで仕事としての対応も出来るレベル。2級はさまざまな専門分野での会話も可能。1級は聴覚障害者と同等の手話レベルがあると評価され、通訳や手話のインストラクターへの道も開ける。

資格を活かせる職業

手話技能検定など

受験概要

受験資格

制限なし

受験費用

各級により異なる/1級は1万3000円、2級は8500円、3級は4000円、4級は3500円、5級は3000円、6級は2000円、7級は850円+郵送料210円。

試験時期

年3回(3、7、11月)/試験地は札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、岡山、福岡。

主催団体

NPO手話技能検定協会
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町12-9 久保ビル5F
03-5642-3353

この資格を学べる講座を検索

※上記資格概要は変更がある場合があります。詳細については各団体へお問い合わせください。

資格データ
難易度
★★☆☆☆
人気度
★★★★☆
将来性
★★★☆☆
取得者の傾向
手話を仕事に活かしたい・手話で話したい方に
資格取得後の将来
手話能力を活かし企業・公的機関の窓口に就職など
この資格と関連深い資格