資格取得やスキルアップ、キャリアアップに!自分に合った資格を探せる[スクールジョブ]

資格と就職 スクールジョブ!
チェックした講座の資料請求
特集 通学講座 通信講座 分野別検索 人気資格ランキング スクール一覧 掲載校募集
女性の資格ガイド
HOME仕事・就職 > YESプログラムとは?

特 集

通学講座

通信講座

分野別検索

大学(通信制大学)

専門学校

資格ガイド

特集記事

就職に有利?
YESプログラムとは?
若年者の未就職が社会問題になる中、若年者の雇用を促進するために、若年者就職基礎能力支援事業「YESプログラム」(YESプログラム=Youth Employability Support−Programの略)が2004年の10月からスタートしています。
「YESプログラムなんて聞いたことがない」という方から「YESプログラムって聞いたことあるけどいまいち分からない」という方まで。この特集で、新しい制度へ理解を深めましょう!
YESプログラムとは何のこと?
就職の際に武器になる証明書の発行
企業が若年者に求めているスキルを「就職基礎能力」と定義し、@コミュニケーション能力、A職業人意識、B基礎学力、Cビジネスマナー、D資格取得の各領域について具体的な「目標」を提示し、「目標」を達成した若年者に就職の際に武器になる「若年者就職基礎能力習得証明書」を厚生労働大臣名で発行するものです。

具体的な「目標」とは?
「具体的な目標を提示し、目標に達成した若年者に・・・」とありますが、この「具体的な目標」とは、何を指しているのでしょうか? @コミュニケーション能力、A職業人意識、B基礎学力、Cビジネスマナー・・・については、民間教育実施機関などからの申請に基づいて認定された講座・資格のことをいいます。D資格取得の領域に関しては、厚生労働省の設定した選定基準と、厚生労働省が企業を対象に行った調査で、「企業が採用に当り重視している資格」として回答の多い資格から選ばれています。
YESプログラムのメリットとは?
YESプログラムの活用によって得られるメリットは、以下のように発表されています。
  • 若年者は、企業が求めている就職基礎能力を知ることができる
  • 証明書により、就職基礎能力を習得していることを就職活動の場面で示すことができるようになる
  • 企業は応募してくる若年者の就職基礎能力を証明書により把握することができる
  • 若年者と企業の間で、就職に必要な基礎能力についての共通認識が形成されるようになる
「就職に有利な資格を取りたいけど、資格にもいろいろあって何を選んでいいのか分からない!」「何級ぐらいまで取得すれば、企業から評価されるのだろうか?」といった不安に対して、このプログラムは有効に活用できそうです。

YESプログラムによる「若年者就職基礎能力証明書」の発行については中央職業能力開発協会様のホームページに詳細が書かれています。

このページのトップへスクールジョブ
※このサイトはリンクフリーです※ [e−mail] [会社概要] Copyright © 2005- SCHOOL JOB