資格取得やスキルアップ、キャリアアップに!自分に合った資格を探せる[スクールジョブ]

資格と就職 スクールジョブ!
チェックした講座の資料請求
特集 通学講座 通信講座 分野別検索 人気資格ランキング スクール一覧 掲載校募集
女性の資格ガイド
HOME仕事・就職 > 1円で、株式会社がつくれます。「会社法」

特 集

通学講座

通信講座

分野別検索

大学(通信制大学)

専門学校

資格ガイド

特集記事

新会社法ができます
1円で、株式会社がつくれます。「会社法」
2006年の春、いよいよ新しい法律「会社法」が施行されます。 それでは、その新しい「会社法」とは一体どういったものでしょうか。
大きな特徴その1
有限会社がなくなります
と、言っても、もちろん今まであった有限会社がなくなるわけではなく、有限会社の設立ができなくなる、ということです。さてさて、なぜできなくなるのでしょうか?

今まで、個人事業から会社にしたいと思ったときには、「まずは有限会社からスタート」というカタチをとっていました。有限会社は一人でも作れるうえに、制約が緩く、気軽に創業できたからです。
しかし、新会社法では「株式会社」が二通りに分けられ、一つが有限会社に近くなったので、「有限会社」は廃止されることになりました。
「有限会社に近くなった」って、どういうこと?

今まで「株式会社」にまつわる規制は、大会社と中小企業が、同じ壇上で同じルールに基づいてありました。大会社を基準にしているので、中小企業としては厳しく、負担も大きく事業自体にあわないものにも従わないといけない現状がありました。 そこに新会社法を導入すると、
  • 「株式譲渡制限をしない会社」:大企業向・今までの株式会社の規制どおりで、取締役会、監査役、委員会などを設ける義務がある。
  • 「株式譲渡制限会社」(新しい):今までの有限会社に近いもの・ 1人でも会社をつくることができる。企業経営の自由度が高い。
と、なり、経営者は会社の実力、事業規模に応じて企業統括が行えるようになります。 では、「有限会社」と、「株式譲渡制限会社」とはどう違うかというと、
  • 取締役の任期→「なかった」のが「10年まで延長可」になったこと
  • 決算広告の義務→「なかった」のが「ある」ようになったこと
です。
「有限会社」が「株式会社」になることで、メリットもあり、資金調達の多様性や、イメージアップにもなります。逆にデメリットとしては、株主総会等の義務、看板や名刺などの作り直しコスト負担というところがあります。

新会社法では、設置をするかしないかは会社の任意ですが「会社参与」という機能も設けられています。公認会計士や税理士など、会計の専門家しかなれない役員で外部の会計士を採用するよりも経費は安くつくのです。それによって中小企業は運営がしやすくなります。
大きな特徴その2
資本金の制度が変わります
資本金が1円でも会社を作れるようになります

今までは、有限会社は資本金300万円。株式会社は1000万円必要でした。しかし、これからは1円で会社を作れるのです。これにより、起業の際の資金面の問題がへることや手続きがしやすくなることもあり、経済も活性化されることだと思われます。

これから起業したいと思っている人には今が大きなチャンス!資格で学んだことを生かして、心に思い描いていたことを現実にしてください。
このページのトップへスクールジョブ
※このサイトはリンクフリーです※ [e−mail] [会社概要] Copyright © 2005- SCHOOL JOB